【学会発表】 第 107 回数理モデル化と問題解決(MPS)研究会

本研究室の桑畑雄大,上鶴晃平,神薗誠が第 107 回数理モデル化と問題解決(MPS)研究会で発表を行いました.

  • 神薗誠, 下村輝剛, 田尻昌之, 小野智司: “非組織符号化と対話型進化計算を用いたQRコードの装飾”, 情報処理学会 第107回数理モデル化と問題解決研究発表会,Vol.2016-MPS-107, No.19, (2016).
  • 桑畑雄大, 松岡淳一, 牛之濱宅哉, 川崎洋, 小野智司: “近似モデルを利用する進化計算における実評価・近似評価の順位相関の利用に関する基礎検討”, 情報処理学会 第107回数理モデル化と問題解決研究発表会,Vol.2016-MPS-107, No.12, (2016).
  • 上鶴 晃平,中村 法矢,川崎 洋,小野 智司: “複雑な幾何歪みに頑健な二次元コードと信頼度伝搬法を用いた復号法”, 情報処理学会 第107回数理モデル化と問題解決研究発表会,Vol.2016-MPS-107, No.17, (2016).

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください